個別教師Campブログ

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 個別教師Campブログ

個別教師Camp事務局が更新しているブログをご覧いただけます。

事務局からコースのご案内だけでなく、勉強法やイベント情報を掲載しております。

個別教師Camp夏期講習スタート! まだ間に合う!夏の学習の意義とは

2022.07.22

おすすめ学習法

個別教師Camp夏期講習スタート! まだ間に合う!夏の学習の意義とは

こんにちは、個別教師Campライターの西村です。

 

生徒のみなさん、保護者様も一学期お疲れ様でした。さて、いよいよ個別教師Campの「夏期講習」が開講です! 今回は「夏期講習」も含めた夏の学習について書いてみます。

夏の学習の意義とは

今このブログを読んで下さっている生徒さんは、もうすでに夏休みに入っているのではないかと思います。この夏休みは40日ほどの期間です。この間、学校の授業はお休みですね。これだけの長期休暇は、一年の中でも当然ながら夏休みだけです。だからこそ、これまでの復習だったり、予習に十分な時間が割けるわけです。

 

たとえば、英単語を一日に10語ずつ覚えるならば、400語になります。たとえば、方程式の文章題を一日に一問チャレンジしたら、40問解けます。たとえば、理社を一日一単元取り組んだら40単元。これは中学1・2年の理社2科のほぼ全単元を演習できるほどにもなります。

 

どうですか? この40日をみなさんの2学期のために、未来のために有効活用しませんか。

”受験の天王山”とはなぜ夏なのか

“夏は受験の天王山”、“夏を制するものは受験を制す”。みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。みなさんの周りに数多(あまた)ある学習塾も「夏期講習」を開講します。

 

ここからはみなさんも知っていることでしょうが、敢えて書きますよ。

 

受験において誰もが実践するのは、過去問の演習です。しかし、復習が十分でないとその演習は惨憺たるものになることに…。それはそうですよね、中学では5教科の授業時数は3年間で1,925時限となります。

※学校教育法施行規則に定める標準授業時数(文部科学省 第124回教育課程部会 資料4)より

 

その授業で学んだことをベースに入試問題は作成されるわけです。総復習は必須だということが分かると思います。この復習を、学期中に新しい内容を学ぶ中で実行するのは結構ハードなものです。つまり、過去問も含めた模試で合格判定を出していくには、夏にまとめて復習し、理解と定着を図ることが本当に必要なのです。

計画を立てて効率よく進める

何かを作るとき、設計図はあるに越したことはありません。無計画でもできないことはありませんが、結果的に満足いく出来にならないことも…。

 

学習も同じです。計画を立てておかないと、教科に偏りが出たり、一つの単元に掛ける時間に長短が出てしまうことがあります。無論それが無駄とは言いません。

 

遠回りでも確実に実力は身に着きます。しかし、夏休み中に思うような成果を上げられないこともあります。やっぱり計画はしっかりと立てておきましょう。

反復することの大切さを経験する

また学習計画には、“繰り返し”ができる余裕を入れてみてください。

 

復習の時点で二度目の学習ですが、更にもう一度、できれば二度は演習してみましょう。“繰り返す”ことで解き方を完全にマスターすることができます。マスターするということは、解答スピードが速くなるとともに正答率がアップするということなのです。

自主トレだけではなく、コーチングで更に実力アップ可能となる

学習は、基本的に自学していくこと、そしてそれを継続することがとても重要です。

 

では、家庭学習として自学していくだけでいいのかと言うと、それでいい場合もあります。ただ、ここでも例えてみるならば、サッカーや野球でも同じですが、自主トレだけで実力アップを目指しているかということです。

 

監督やコーチがいますね。そういった指導者から適宜アドバイスをもらうことで客観的に弱点が分かり、その弱点を克服するための方法が指導されます。ここまで書くとお分かりかと思います。そうですね、学習もまた然りなのです。

「夏期講習」を上手に利用しましょう。

弱点の克服は、失敗を見直すことから始まります。どこを・どのように・なぜミスしたのか。それをしっかりと確認していくことでミスを回避していく力が着きます。

 

ミスした問題が成績向上のカギになります。ミスの原因をつかめれば、それと違う解き方で正解に近づけます。

 

計画からバランスよい具体的なカリキュラムの組み立てと、学習指導がオールインワンなのが、「夏期講習」です。授業では、それぞれの教科での重要ポイントだけでなく、入試での出題パターンや、問題文におけるチェックポイント、苦手な人も多い記述についても書き方からすべて学べます。

個別教師Campの夏期講習なら

個別教師Campでは、オンラインでの個別学習で「夏期講習」がご受講いただけます。

 

オンライン個別指導だからこそ、周囲を気にせず学習に取り組みやすくなります。オンライン授業への抵抗がある方は、無料体験も可能です。授業だけではなく、自立学習も可能です。

個別教師Campはオンライン個別指導だから

メリット①

個別教師Campの夏期講習はオンライン個別指導です。オンラインなら通塾時間なしで授業が受けられて、時間がムダになりません。習い事や部活で忙しくても、学習時間を確保することができます。

メリット②

集団授業だとなかなか質問ができずにわからないところが残ってしまう……そんな悩みを抱えるお子様は多いものです。個別教師Campでは「自分だけの授業」でわからないところはどんどん質問でき、「わかる」を「できる」に変えて完全定着させます。

メリット③

夏休みは、一年で最も大きな勉強のチャンスです。有効に活用して成績アップにつなげたいものですが、具体的に何をどれだけやればいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。個別教師Campの夏期講習では、目的別に時間数を設定しています。これらのコースをベースに、一人ひとりに合わせたカスタマイズも可能です。

 

夏期講習についての過去ブログこちらから↓

夏期講習、開始まで1か月! 個別教師Campの夏期講習について

個別教師Campの夏期講習1週間前! 具体的な目標を決めよう。

【この記事を書いた人】
西村 仁志
【略歴】
公立大学文学部卒業。学生時代は家庭教師。卒業後は公立学校教員として勤務。
その後、塾講師として20年以上経験あり。現在は個別ena河辺校長。
都立立川国際中、私立明大中野八王子中などに合格実績を出し、高校・大学受験においても都立八王子東・国分寺高校や明治大学、法政大学などGMARCH合格者を輩出。
これまでの経験を踏まえ役に立つ情報を楽しく発信していきます。

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)