広島県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 広島県の公立高校受験対策

広島県公立高校入試に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの広島県公立高校入試対策

入試日程

例年では、2月上旬に選抜Ⅰ(推薦入試)が行われ、1週間以内に合格発表(内定通知)が行われます。選抜Ⅱ(一般入試)では3月上旬に行われ、約1週間で合格発表となります。

入試内容

広島県の公立高校の入試は、主に選抜Ⅰと選抜Ⅱの2種類に分かれています。選抜Ⅲもありますが、選抜ⅠとⅡでの合格者数が入学定員に満たなかった場合に実施されます。

選抜Ⅰでは中学校長から推薦を受けた生徒が受けられる選抜試験になります。選抜方法として、①推薦書及び志望理由書、②調査書、③面接、④学校の特色により、学力検査以外で独自の選抜を実施することがあります。②調査書については通知表(内申点)の5段階評価をそのまま点数として換算されます。1学年9教科×5点満点で合計45点、3年間の合計で算出するため、1学年45点満点×3年間で計135点満点となります。③の面接は英語での面接やグループワークなどが行われる学校もありますので確認しておきましょう。

また、選抜Ⅱは、①一般学力検査、②調査書、③面接および実技検査、④自校作成問題による学力検査の4つで合否判定を行います。①の学力検査は、国語・数学・英語・理科・社会の5教科で行われ、試験時間は各50分です。配点は各教科50点満点で、合計250点満点で行われますが、学校の特色に応じて点数の配点は一部の教科で比重をかける傾斜配点を実施する学校もあります。②の調査書は主要5教科を各学年各科目を5点満点とし、3学年分の合計で75点満点、音楽・美術・保健体育・技術家庭の副教科は5段階を2倍にした評定として換算されるため、各学年各科目を10点満点として、3学年の合計で120点満点となります。その他、③と④は選抜Ⅰと同様です。内申点が2倍で換算される選抜Ⅱは、副教科をいかに早い段階から上げておくことができるかが重要です。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

本年度では現代文が2題、古文1題、作文1題の大問4題で構成されていました。出題の流れも大きく変わらず、現代文と古文の読解を中心としたものになるでしょう、文学的文章の読み取りでは、作文の背景となる状況の読みとり、登場人物の心情や性格の読みとりが大切です。説明的文章では指示語や接続語に注意しながら文章を読み進め、筆者の主張を把握していきましょう。古文は古語単語や現代仮名遣いなどの基本を身に着けることを徹底するために、問題集なども活用しながら、文章問題に慣れておきましょう。作文では、自分の意見に限らず、他の人の意見をふまえた文章を書く練習をしておきましょう。

数学

出題数として、大問は6題、小問が19題前後で昨年から大きな変更点はありませんでした。直近でも出題数や内容の変化はありません。ほぼ傾向は変わっていないため、類題を繰り返し解いておくことで高得点もとれる問題です。問題の初めは基礎計算問題が出題されますので、事前に計算練習を積み重ねておきましょう。後半問題は応用問題といっても、基礎がしっかり身についていれば問題ありません。図形・証明などの問題でも文字式の利用方法が出題される可能性があるため、過去問などを通じて慣れておきましょう。

英語

大問の構成は昨年度からの変更はありませんでしたが、小問の一部で変更がありました。聞き取り1題、会話文1題、長文1題、条件自由英作文1題の計4題で出題されていました。英文の内容は難易度的に標準的なレベルですが、読解力や表現力が高得点を取るヒントになるでしょう。聞き取りでは本文と質問が2回ずつ読まれます。全体の問題数自体は少ない部類ではありましたが、英文記述問題が多いことが特徴です。英文の内容では自分の意見で求められるようにすることと、それを補完するように英単語や熟語、文法のまとめを進めるようにしましょう。

理科

今年度の出題数は大問4題、小問が25問程度でした。記述問題が多く、一問一答を丸暗記していただけでは対応ができません。学校で使用する教科書やワークで太文字になっているような重要な語句はどのようなものなのか、ノートなどにまとめておきましょう。また、図表の表し方や読みとり方を演習しておくことをおすすめします。別途新聞やニュースで取り上げられる科学的事象についても説明出来るようにしておきましょう。

社会

本年度では大問4題、小問22台で行われました。解答の形式として記号選択10問、語句記入は8問、短文の記述問題が8問出題されています。大問の構成として、地理1題・歴史1題・公民1題・総合問題1題で分野別で偏りがない構成になっています。基本的な知識を確認する問題が多いですが、表やグラフを参考に書くものや、文章記述をさせる問題もあります。地理では諸地域の産業や気候の特色を確認すると同時にまとめておきましょう。歴史は政治・外交・経済などについて、年表から流れをつかんでおき、単語の説明ができるようにしておきましょう。公民では教科書内容だけでなく、時事問題にも目を向けておきましょう。

個別教師Campの広島県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:志望校の難易度に合わせた「レベル別単元学習」、公立高校の出題傾向に沿った対策ができる「過去問特訓」、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」で対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は広島県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

オンライン個別指導の個別教師Campの
広島県の公立高校受験対策を受講したい中3生は
「今すぐ入会する」から「個別指導コース」をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。
広島県の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)