兵庫県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 兵庫県の公立高校受験対策

兵庫県公立高校入試対策では、

兵庫県公立高校の過去問解説、出題傾向を踏まえた実戦演習を行います。

兵庫県公立高校に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの兵庫県公立高校入試対策

入試日程

例年では、推薦選抜及び特色選抜の試験が2月中旬頃に行われ、5日ほどで合格発表となります。その後3月上旬に一般選抜が行われ、1週間ほどで合格発表となります。

入試内容

兵庫県の公立高校の入試には、「特色選抜入試」(以下、特色選抜)・「一般選抜入試」(以下、一般選抜)・「推薦選抜入試」(以下、推薦選抜)の3種類あります。

推薦選抜は普通科、専門学科、単位制、総合学科にて実施され、出願の際に中学校長の推薦が必要です。この推薦選抜では基本的に調査書・面接で合否の判断がなされますが、学科・コースにより小論文、適性・実技検査が行われる場合もあります。特色選抜は、推薦選抜同様に原則調査書と面接、高校により実技検査や小論文などの結果から合否判定されますが、普通科の特色ある類型でのみ実施されることが大きな違いです。この類型では学区内の高校を受験することが可能です。この推薦・特色選抜で合格している場合、3月の一般選抜を受験することは出来ませんので、あらかじめ注意しておきましょう。

一般選抜は、居住している学区内の高校を受験することが可能です。基本的には主要5教科の学力検査点と調査書(内申点)の評定により合否を判定しますが、面接や実技検査なども参考にします。一般選抜の配点として、1科目100点満点×5教科(国語・数学・社会・理科・英語)の500点満点を250点満点に換算します。また内申点は中3の1学期と2学期の9教科5段階の評定された成績を基にし、主要5教科は4倍、実技教科は7.5倍して合計した250点満点で換算します。ただし、理科と社会のみ評価基準が中学1年生から中学3年生2学期までの成績で決まるため、もっと早くから勉強しておけば、とならないようにしておきましょう。この学力検査点の250点と内申点の250点の合計500点満点で合否が決定します。兵庫県の入試は全国的に見ても、内申点が高い入試形式となっています。

また、この一般選抜においては、受験で1校だけ志望できる単独選抜とは別に、第二志望の高校も選ぶことのできる複数志願制度があります。複数志願制度では、第一志望校を優遇するため、500点満点の総合点の素点に第一志望加算点を加えて合否判定を行います。この第一志望加算点は次の通りで、第1学区と第3学区は25点、第2学区は20点、第4学区と第5学区は30点の加算点となっています。年々と入試制度が変わっているため、どのような変化が起きているかはよく確認しておきましょう。制度が複雑ですので、学校の先生や塾にお通いの方は塾の先生にしっかり聞いておくことをおすすめします。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

昨年から出題される傾向は大きく変わっていません。現代文・古文・漢文の読解問題の対策をしっかり固めておくことが大切です。読解問題は選択問題と本文の抜きだしがほとんどで、限られた時間の中で内容を把握できるように練習しておきましょう。説明的文章では、内容理解が重要なので、普段から要約する練習をしておきましょう。また、文学的文章では登場人物の心情理解が求められます。人物の表情や行動から心情を読み取る練習が必要です。古文・漢文は文語体に慣れておくことが大切で、文章中の主語が何であるか、注釈などを確認しながら、意味をつかみ取れるようにしておくことが重要です。知識問題については、漢字の読み書き、語句文法の基礎をしっかり身につけておきましょう。

数学

昨年の出題は大問6題、小問は27問出されていました。例年、大問は6~7題、小問は27問から34問ほど出題されており、出題される内容の難易度が高めの年が多くなっています。出題範囲が広いため、教科書を中心に基礎的な問題は短時間で解けるように普段から練習しておきましょう。大問1では、数や式の計算や二次方程式、関数・作図などの小問が7問出題されています。この大問1は得点源になるため、必ず確保しておきたいところ。大問2以降からは、方程式の応用問題、図形や関数、グラフと確率など、様々な単元が出題され、また思考力を問う問題が多いため、過去問を解きつつ考えたことを表現できる力を養っておきましょう。また、難易度が高いうえに分量が多いので、一問あたりにかける時間を短くするため、多くの問題パターンを把握しておくことが大切です。

英語

リスニング問題があるので、普段から学校の授業以外でも、教科書のCDなどを使って聞く練習を行うと良いでしょう。長文問題は文法・語句・内容理解など様々な角度から出題されます。また、条件英作文も出題されるので、まとまりのある文章を書く練習をしておきしょう。

理科

昨年は大問5題、小問は32問となっており、難易度は比較的高くなっています。出題範囲は生物・地学・化学・物理の各分野からまんべんなく出題されているため、苦手な分野をつくらず、あらゆる分野の問題に取り組んでおく必要があります。実験や観察の問題では、手順の把握、結果の考察、実験器具や装置の使いかたをまとめておきましょう。またグラフや表においては目盛りや数値の増減を調べる習慣をつけ、結果が予測できるように練習しておきましょう。物理・化学分野においては計算問題が出題傾向となっているので、公式を覚えておき、使えるように日々の演習で固めておくことが必要です。生物・地学分野では、用語の意味を理解しておくために、実験・観察同様にまとめておきましょう。

社会

例年、大問は3題、小問は39題が出題されており、内容も基本的なものが中心になっています。選択式の問題だけでなく、語句を記入する問題も出題されるため、基礎的な語句を正しく書けるようにしておくことが得点につながります。地歴公民ともに教科書の基本的な用語を理解しておくことが最重要ですが、本文の文章内容だけでなく、グラフや表、地図などと一緒に考え、資料などを活用できる力を養っておくことが必要です。公民では現代社会とそれぞれの事項がどのような関わりをもっているか、関心を持っておくことが必要です。日頃から、新聞やテレビなどの報道にも目を通しておきましょう。

個別教師Campの兵庫県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:兵庫県の公立高校の出題傾向に沿った「過去問特訓」や、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」にて対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中1~3
内容:選抜テストを実施し、基準を満たした方は兵庫県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待はより厳しい選抜基準となっております。

オンライン個別指導の個別教師Campの
兵庫県の公立高校受験対策を受講したい中1~3生は
「今すぐ入会する」から「個別指導コース」をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)