岩手県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 岩手県の公立高校受験対策

岩手県公立高校入試に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの岩手県公立高校入試対策

入試日程

例年では、特別選抜が1月下旬に行われ、1~2週間程で合格発表となります。その後3月上旬一般選抜が行われます。また、入試日程については下記の通りとなります。 推薦選抜:2022年2月2日(水) 一般選抜:2022年3月8日(火)

入試内容

一般選抜の内申点は、中一から中三までの9教科を5段階評価評定したものが対象であり、一年・二年・三年の比率は1:2:3で評価されます。

推薦選抜は内申点、志願理由書、面談のほか学科により小論文・作文・適性検査などの結果を基に判断しています。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

2021年度の出題内容は昨年と変わらないが、構成に変化が見られました。出題内容として、文学的文章・鑑賞文・漢文問題・資料読み取りと作文で構成されている。読解に強くなるためには、多くの作品を熟読し様々な文章に慣れていくことが大切です。そのため、色々なジャンルの読解問題に力を入れ、記述問題・作文の対策を重点的に行いましょう。

数学

2021年の出題は大問が12題構成となっています。出題内容は、数・式の計算・平方根・因数分解・二次方程式・比例関数・円周角の定理や相似の性質を利用した角度・線分の長さを求める問題があり、全体として難問はなく、基本的な問題を正しく処理できるかが問われます。そのため、傾向の変化には対応できるよう日々の学習は怠らずに行いましょう。

英語

2021年度の出題は大問が、リスニング・語句問題・会話文・長文読解などがあります。リスニング問題の内容は標準的なもので、長文読解の問題は、物語文・紹介文の両方が出題されています。毎年出題される英作文は、基本構文や慣用表現が出題されている為練習が必要です。そのため、教科書学習を中心に、基礎的な単語や文法はしっかり固めておきましょう。また、テーマ性のある文章を多く読み、色んな形式の問題に慣れていきましょう。

理科

2021年の出題は大まかに物理・化学・生物・地学から出題されました。。出題内容は、大気圧の測定・寒冷前線の通過・密度と浮力による温度変化・消化と吸収・刺激と反応等様々な問題が挙げられます。基礎的な内容が多く、実験・観察操作・作図・図解・化学反応式等は教科書などで復習しましょう。また、過去問を多く解き、図・表・応用発展など基礎固めをしっかり行いましょう。

社会

2021年度の出題は大問8題構成となっています。出題内容については、日本地理・世界地理・歴史・公民・混合問題から成り立っており、基礎的な内容がバランスよく構成されています。主に基礎内容ではあるが、分析力・考察力を必要とする問題も出されています。そのため、政治・経済に興味を持ち、常にニュースなどで最新情報にも気を配るようにしてください。

個別教師Campの岩手県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:志望校の難易度に合わせた「レベル別単元学習」、公立高校の出題傾向に沿った対策ができる「過去問特訓」、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」で対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は岩手県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

オンライン個別指導の個別教師Campの
岩手県の公立高校受験対策を受講したい中3生は
「今すぐ入会する」から『個別指導コース』をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます
岩手県の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)