熊本県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 熊本県の公立高校受験対策

熊本県公立高校入試に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの熊本県公立高校入試対策

入試日程

例年では、前期(特色)選抜(以下、前期選抜)の入試日程は1月下旬ごろに行われ、合格発表はその1週間後ほどになります。後期(一般)選抜(以下、後期選抜)の入試日程は2月下旬の指定日に行われ、合格発表は3月上旬の指定日に行われます。

入試内容

熊本県の公立高校の入試には、2月に行われる前期選抜と3月の後期選抜によって行われます。

前期選抜の募集人員は定員の50%以内の範囲で高校ごとに定めています。学力検査は行わず、面接や小論文、実技検査などの学校独自調査を実施し、内申書と検査結果によって合格者を決定します。この前期選抜で合格にならなかった場合、後期選抜に出願することができます。

後期選抜は全学科・コースで実施します。募集定員から前期選抜などの合格者を除いた人数になっており、全員が5教科の学力検査を受けます。数学やリスニングを含む英語については、選択問題A(標準問題)と選択問題B(発展問題)の2種類の学校選択問題から各学校が指定します選考は学力検査の得点と内申書の評定で決まります。学力検査では1教科50点満点の5教科250点満点となっており、内申点は中1、中2の9教科を5段階で各45点満点、中3は9教科5段階を2倍にして90点満点の合計180点満点で換算されます。内申点(180点満点)と学力検査点(250点満点)を総合点として2段階の選抜が行われます。学力検査点と内申点の合計点の順位が募集人員内である人を対象として、1次選考としてその中から合格者を決定します。2次選抜では各高校で選抜の基準を定めており、この1次選考の合格者以外の中から残りの合格者を決定します。前期選抜で合格した人は後期選抜での受験は出来ません。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

昨年の出題状況として、知識問題と話し合い、論説文、小説、古文の大問5題で構成されています。出題傾向の変更がみられても、例年通り行うべきことは変わりません。現代文は心情をつかみながら読むことに注力し、説明文では筆者の主張を考えて読むようにしましょう。記述対策として文章要約や心情の理由を書く練習を進めておきましょう。古文は読みやすい簡易な文を多く読んでおき、歴史的仮名遣いや主語述語の関係把握に慣れておきましょう。漢文も基本的な知識は身につけておきましょう。漢字や語句、文法などの知識問題は基本的な知識は身につけておきましょう。作文ではどのような形でも対応できるように、文章資料から読み取れることや自分の考えをまとめる練習をしておきましょう。

数学

昨年の出題数は大問6題、小問数では選択問題Aが28問、選択問題Bが27問であり、数年は大問・小問数ともに大きな変化はありません。基本的事項を中心に発展系の問題や新傾向の問題、思考力を問う問題も出題されます。出題範囲は中学校数学の全領域からの出題として、基礎的なものから高度な思考力を必要としているため、基礎幅広く学習しておくことが必要です。基礎が固まるように問題集で演習を積み、応用力を養っていきましょう。特に関数やグラフ、平面図形・空間図形は繰り返し練習しておきたい。図形では平面・空間ともに相似や三平方の定理の利用に慣れておく必要があり、証明は完全な記述式なので、論理的に整理してまとめる練習を重ねておきましょう。

英語

大問1がリスニングになっており小問4のうちの最後の1問は選択問題A、Bに分かれており、大問2が小問別複合問題、大問3が会話文読解、大問4は選択問題A、Bに分かれ、Aは短めの読解問題、Bは長文読解問題という構成になっています。大問5では選択問題A、Bに分かれた条件英作文となっています。来年度も出題傾向はほぼ同様の内容になるでしょう。文法問題は基本的なものですが、どのような形式の問題でも対応できるようにしておきましょう。読解問題は文法力と読解力、記述力を身につけておきましょう。英作文では過去問から出題形式を参考にして練習しておきましょう。

理科

昨年度では生物・地学・化学・物理の各分野から1題ずつの計4題の構成になっています。大問は2つずつ分かれているので、実質8題構成となります。例年、「植物の体のつくりとはたらき」「化学変化」からの出題頻度が高くなっています。難易度は標準的な問題が多いため、授業内容をしっかり理解出来ていれば得点は期待できます。グラフや図の読みとりが多く、教科書に出てくるグラフや図表などを見て頭に入れておきましょう。問題数は多く、出題範囲は広いので、中1から中3までの全範囲の基礎知識をおさえておき、記述式の解答でも書けるように重要用語は覚えておき、考えを短い文にまとめる練習をしておきましょう。教科書レベルの内容は復習して、標準的な問題を時間内に解く練習を行いましょう。

社会

出題数は大問5題、小問43題となっており、大問では日本・世界地理2題、歴史2題、公民1題と、公民の小問数は少ないですが、バランスの取れた構成となっています。例年通り来年でも変わらない出題数になるでしょう。地理分野では教科書レベルの内容は確実に理解しておき、日ごろから地図や資料集を活用して統計資料を読み取る練習をしておきましょう。歴史的分野では、年表・図説等を手元におき基本的事項を整理しておくことが大切です。公民分野は重要語句を把握しておきましょう。重要条文をチェックしておき、新聞やニュースなどで現代の諸問題について関心をもっておくとよいでしょう。記述問題も多いため、文章記述の練習だけでなく、問題全体に対しての時間配分を意識した解答を普段から進めておきましょう。

個別教師Campの熊本県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:志望校の難易度に合わせた「レベル別単元学習」、公立高校の出題傾向に沿った対策ができる「過去問特訓」、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」で対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は熊本県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

オンライン個別指導の個別教師Campの
熊本県の公立高校受験対策を受講したい中3生は
「今すぐ入会する」から「個別指導コース」をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。
熊本県の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)