京都府の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 京都府の公立高校受験対策

京都府公立高校入試に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの京都府公立高校入試対策

入試日程

例年、前期選抜が2月中旬に行われ、一週間ほどで合格発表となります。その後、3月上旬に中期選抜が行われます。後期選抜は前期・中期で欠員がある場合に実施されますが、ほとんどの学校で行われていないため入試は全部で2回あると考えた方が良いです。

入試内容

京都府の公立高校の入試は「前期選抜」、「中期選抜」、前期・中期で欠員がある場合に実施される「後期選抜」があります。

前期選抜はすべての学校で実施され、定員の100%を募集する学科もあります。選抜方式は3つあり、どの方式で行われるかは各学校・各学科で異なるため、募集要項を確認する必要があります。どの方式も報告書・面接または作文(小論文)は必須となります。他にも学力検査・活動実績報告書・実技検査が実施されるところもあります。報告書は中学1年から3年の9教科分が評価され、135点満点です。学力検査は国語・数学・英語が共通問題として用意されてあります。各学校で独自問題が出されることもあり、国数英の共通問題の他に理科と社会や、専門科目が実施されることもあります。どの場合でも学力検査は5教科以内の実施になります。

中期選抜は募集定員から前期での募集人数を除いた数を募集します。学力検査と報告書で評価され、学力検査は国語・数学・英語・理科・社会の5教科です。各40点満点×5教科で、200点満点になります。報告書は中学1年から3年のものが評価されるのは前期選抜と変わりませんが、中期選抜では副教科(技家・美術・音楽・保体)の成績は2倍にして換算され。195点満点になります。報告書は1年からのものが評価されるため、1年から定期テスト・授業態度・提出物などを意識することが必要です。また、中期選抜では副教科が2倍になるため比重が大きくなっています。副教科の対策もしっかりと行いましょう。 また、中期選抜では第1志望第1順位、第1志望第2順位、第2志望、の最大3校まで出願することが可能です。第1志望第1順位で出願した人から募集人数の85~90%を決定します。残りの10~15%は合格しなかった第1順位志願者と第2順位志願者を合わせて選抜し、そこで募集定員に満たない倍位に第2志望の選抜が実施されます。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

前期・中期ともに基礎に重点を置いた出題となっています。現代文も古文も、難しいわけではないですが、小問に会話文があるので気をつけましょう。前期では大問3題、中期では大問2題で出題され大問数が異なります。現代文は、説明的文章が出題されることが多いので、その読解に重点をおくと良いでしょう。また、接続語・指示語・文章全体の要旨・漢字の読み書き・文法など幅広く出題されます。とくに文法はあらゆる分野の知識が必要になるので教科書を使って力をつけていきましょう。古文では必ず歴史的仮名遣いの問題が1問出題されます。その他は読解能力が試される問題のため、大まかな内容把握ができるように多くの作品に読んで慣れていくことが大事です。

数学

前期・中期ともに大問数は6題です。大問1は基本的な問題で、数・式の計算、平方根、方程式・確率、などから出題されます。教科書を中心に学習すれば解けるものになっています。こちらは速く・正確に解けるように練習を重ねていきましょう。大問2からは応用力を問われる問題になっています。方程式の応用・図形と関数・平面図形や空間図形・規則性などから出されます。規則性は毎年出題されているので、類似問題を沢山解いておきましょう。基礎を確実に解けるようにしたら応用問題にも挑戦することが必要です。

英語

前期・中期ともにリスニングテストは出題されます。配点がどちらも割合が高いため、対策は必須です。必ず音声を利用して学習をしていきましょう。前期では条件英作文の出題が続いているため2022年度も出題が予想されます。長文読解問題では、文法問題・内容理解の両府が幅広く出されます。対策として、長めの英文を読む練習をしておくべきです。語句整序、内容一致文選択なども問題があるので、段落ごとに「何が書かれていたか」「どのような内容か」を簡単にメモして整理する習慣をつけると良いでしょう。英文の量も多いため、演習する際に時間配分に注意しながら解いていきましょう。

理科

物理・化学・生物・地学分野から各2題ずつ出題され、ほぼ10点ずつの配点になります。内容としてはどの分野も基本的な問題で、教科書の内容を理解しているかどうかが問われています。出題内容の傾向を見ると、年ごとに単元は変わっており、全範囲から満遍なくでているので全体的に重要な項目はおさえておかないといけません。記号選択問題が多いですが、記述問題や作図問題も出題されることがあります。1問1問確実に解いていけるように、基本歴な問題を数多く解いていくことを心がけましょう。

社会

大問4題構成で分野ごとに分かれているのではなく、あるテーマに対して地理的分野・歴史的分野・公民的分野の内容を問われるというものになっています。教科書中心の基本的な内容が出題されますが、完全解答形式のものもあるので注意しましょう。地理的分野では、地形図や表・グラフを見て、資料を読み取る力が問われています。歴史的分野では、歴史の流れ・出来事をきちんと把握しているかが問われます。古代から近代まで幅広く問われるので、年表を利用して教科書の内容を確実に把握しましょう。公民的分野では、図やグラフを用いた問題が出題されています。政治・経済を中心に基礎的用語を確実に理解しておきましょう。日頃から新聞やニュースに目を配りましょう。

個別教師Campの京都府公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:京都府の公立高校の出題傾向に沿った「過去問特訓」にて対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中1~3
内容:選抜テストを実施し、基準を満たした方は京都府公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待はより厳しい選抜基準となっております。

オンライン個別指導の個別教師Campの
京都府の公立高校受験対策を受講したい中1~3生は
「今すぐ入会する」から『個別指導コース』をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)