長野県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 長野県の公立高校受験対策

お子様の長野県公立高校合格を目指す方へ

現在長野県にお住まいで公立高校への進学を目指す方や、長野県公立高校への進学を希望される方、さまざまおられるかと思いますが、人によっては「〇〇高校への進学を目指しています」と具体的に志望校が決まっている方も、「とりあえず地元の公立高校かな?」と思っておられる方も、「偏差値△△ぐらいの公立高校に行ってほしい」とお思いの方も、いろいろかと思います。

本ページでは、それぞれのタイプに合わせて、重要なポイントをお伝えしていきます。

→とりあえず長野県公立高校への進学を目指す方はこちら

→長野高校、松本深志高校など上位校を目指す方はこちら

→あまり長野県公立高校について詳しくない方はこちら

とりあえず長野県公立高校への進学を目指す方はこちら

長野県公立高校入試のうち、おもに後期選抜(一般入試)についてですが、主に調査書の評定の合計値(5段階評価×9教科=最高45点満点)を縦軸とし、学力検査の結果(100点×国数英理社の5教科=最高500点満点)を横軸にして作成する相関図を中心に判断します。そのほか、高校・学科ごとに行う面接や志願理由書(自己PR文)、作文(小論文)、実技検査の結果や調査書(内申書)なども考慮されます。
ここでは主に、学力検査(一般入試)の対策について述べていきます。

長野県の公立高校の一般入試の傾向と対策

長野県の公立高校の国語

 現代文の読解が2題、古文漢文が1題、漢字が1題、会話が1題の計5題による構成になっています。文章読解では、文学的文章と説明的文章の2題が出題されます。古文・漢文も出題され、歴史的仮名遣いや返り点、表現技法のほかに内容理解も出題されます。会話問題では話し合いのなかでの条件に合うような内容や構成を考える問題になっています。また、100字程度で自分の意見を書く問題も出題されるので、自分の考えをまとめる練習も必要です。作文においては条件も細かく指定されていますので、きちんと確認して書くことを意識しましょう。
 全体として、一つの長い文章を読むというよりも、複数の文章・資料を比較して共通項をとらえたり、書き手・話し手の意図を考えたりする必要がある問題が多いといえます。文章中で出てきた用語の定義を正確におさえること、論旨を捉え共通点について素早くまとめられること、現代文・古文・漢文に限らず文法単元の復習を必ずして確実に得点できることが重要になってきます。文学的文章(小説)に関しては、比較的受験生と年齢の近い主人公、あるいはそれと関わる大人の視点から描かれていますので、似たような問題を演習していきましょう。

長野県の公立高校の数学

 前半部分で基本的な計算問題や基礎的な数学能力を問う問題が出題されます。後半部分に行くにつれて図形や関数といった難し目の問題が出題される傾向にあります。日々の学習のなかで、数学の内容を理解し、基礎力をつけていくことが大切です。
 また、証明問題も出題されるので、正しい手順で記述ができるような練習もしておくことも必要です。全体的にボリュームが多いため、問題を解く速さと正確性を追求して練習を行いましょう。
 日ごろから、むやみに文字を置いて文章題を解くといったことをせず、数式の意味について考える癖をつけておきましょう。置く文字の指定があったり数式の意味について答えたりする必要がある問題があります。また、資料問題などの読み取りにおいては、用語の定義をきちんと覚えておくことはもちろんですが、数字の意味を考える練習をしておきましょう。

長野県の公立高校の英語

 リスニング問題があるので、普段から学校の授業以外でも、教科書のCDなどを使って英語を聞く練習を行うと良いでしょう。配点は20点と比較的低めになっています。とはいえ、今後配点や問題数が拡大する可能性も0とは言えません。まだ受験まで時間がある方も、学習しておきましょう。
 読解問題が中心となるので、英文読解の練習を行っておきましょう。また、年度によって様々な形式の問題が出題されるので、いろいろな問題に幅広く触れておくと良いでしょう。また、条件英作文も出題されるので、まとまりのある文章を書く練習をしておきしょう。
 英語の長文を読む際に、段落ごとの構成と要旨について意識する練習をしましょう。パラグラフごとの主旨を捉え、英語一文でまとめてみましょう。また、タイトルなど全体の内容に合わせたものを考えてみましょう。文法問題は数としては少ないですが、確実に得点したいところです。選択肢を見て、何の単元に関係する設問なのか考えてみましょう。

長野県の公立高校の理科

 全分野から均等に出題されるので、幅広く学習を行うことが大切です。基本的な内容はすべて抑えるように学習を行いましょう。教科書に出てくる用語は正確に書けるようにしておきましょう。計算問題や、記述問題も出題されるので、数多くこなして練習をしておくことが大切です。小数第〇位で四捨五入するといった計算問題は、確実におさえておきたいところです。条件を見落とすことなく計算しましょう。
 また、実験や観察を基にした出題が多いので、日々の授業には積極的に参加しておくと良いでしょう。年度によりますが、教科書とは視点を変えた出題もあるので、様々な問題に触れておくことも大切です。日常生活にかかわるような設問などもありますので、日常の中で様々なことに関心をもったり、教科書や資料集で具体例などが紹介されていれば確認したりするようにしておきましょう。

長野県の公立高校の社会

 社会では、各分野がバランスよく出題されています。苦手な分野がないよう、基礎基本を大切にした対策を行うことが大切です。また、考える問題が多く出題される傾向にあります。記述が出来るように、文章をまとめる練習をしておくと良いでしょう。
 地理では地形図や表、グラフの読み取りも出題され、単なる暗記では対応できないようになっています。歴史分野ではテーマごとに出題されることが多く、歴史全体の流れと特色を合わせておさえておく必要があります。資料も合わせて確認しておきましょう。公民文化では、経済の仕組みや日本経済の国際化の現状を把握しておく必要があります。
 用語を答える問題であれ記述問題であれ、記号だけでなく書く問題が多くなってきています。まずは漢字ミスなどがないよう、日ごろから書いて覚えるなど手を動かして練習しておきましょう。

長野高校、松本深志高校など上位校を目指す方はこちら

 長野県の公立高校入試は、主に調査書点(内申点)と学力検査の点数(一般入試)によって決まりますが、そのバランスについては各高校によって異なります。よって基本的には長野高校や松本深志高校などの最上位高校~岩村田高校などの中堅上位高校についての概略となります。

長野県の公立高上位校に向けた内申点対策

 9教科を5点満点で評価し、最高45点満点での勝負となります。もちろん点数が高いに越したことはありませんが、上位校への合格を考えるとおおよそ30後半~40以上の点数があることが望ましいです。
 この点についてはお通いの公立中学校などでもお話があるかと思います。現在は絶対評価となっておりますので、定期テストの点数や提出物をまずはしっかり頑張りましょう。現在受験学年ではない中学1年生・中学2年生であっても、定期テストの勉強は手を抜かず頑張りましょう。

長野県の公立高上位校に向けた一般入試対策

 一般入試(学力検査)の対策については、実際の内申点(調査書点)との兼ね合いもありますが、上位校を目指すのであれば各教科平均して80点以上の得点は目指したいところです。もちろん5教科の合計点数で考えることになるので、400点以上を目指すということになります。450点~470点近く取れれば、内申点(調査書点)が問題なければ合格圏といえます。

あまり長野県公立高校について詳しくない方はこちら

長野県の公立高校の入試日程

 長野県の公立高校入試は、「前期選抜」と「後期選抜」となっています。例年では前期選抜の入試日は2月上旬で実施され、1週間ほどで合格発表となります。また、後期選抜の入試日は3月上旬に行われ、合格発表は選抜日から1週間弱で行われます。
 よって、基本的には他の都道府県に近い日程となっています。海外からの帰国やお引越しなどの関係で長野県の公立高校に他県から受験するような場合は、よく日程を把握しておきましょう。

長野県の公立高校の入試内容

 「前期選抜」は学力検査のない入試形式で、だれでも出願することができます。出願する際に、自己推薦書を書く必要があります。また、中学3年生時の成績表(内申点・評定)と、作文または小論文で合否が決まります。一般的に推薦入試と呼ばれるものになります。前期選抜は決して必ず合格できるといえるようなものではありませんので、あくまで後期選抜のことも考えて受験勉強をするようにしましょう。また、内申点が重要という点では後期選抜も同様です。中学1年生・中学2年生のうちからしっかりと定期テストの点数をとり、提出物や学校での態度、実技科目など頑張っておくことが大事です。
 「後期選抜」では、国語・数学・英語・社会・理科の5教科を試験科目とし、調査書との合計点で合否を決定します。多くの高校では面接も実施しています。調査書は中学3年生の2学期のみが合否判定に使われるので、2学期の定期テストは一層力を入れて取り組む必要があります。科目ごとの対策については上述しておりますので、そちらもご覧ください。

長野県の公立高校の学区域

 2020年度入試からしばらくは、県内全域からすべての高校・学科に志願することができます。制度上の4つの通学区域制は残ります。基本的にはご自宅から通える、近い高校をお選びになるかと思いますが、選択肢は単純に増えていますので、自分が希望する教育や進学実績を出している高校に向けて、より希望に合った高校を受験することが可能になったと言えます。

個別教師Campの長野県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

~志望校別学習プラン~

                               
  対象校 学習内容
プランA 長野高校・松本深志高校・屋代高校(理数科・普通科)・伊那北高校・上田高校・飯田高校(理数科)・野沢北高校(理数科)・松本県ヶ丘高校・諏訪青陵高校・長野西高校(国際教養科)・須坂高校 上位校向けのハイレベルなテキストで中3夏までに全単元の学習を終えるように進めていき、夏からは入試対策に特化します。
プランB 野沢北高校(普通科)・松本蟻ケ崎高校・飯田高校(普通科)・飯山高校(探求科)・長野吉田高校・大町丘陽高校(学究科)・上田染谷丘高校(国際教養科)・岩村田高校など 公立高校向けのテキストと教科書準拠ワークを併用します。入試に向けた学習を行いながら定期テスト前には内申点対策としてテスト対策を行います。
プランC 上記以外の長野県立高校 定期テスト対策を行い、内申点を確保します。2学期期末テスト後から入試対策に向けた演習を行います。
      

~要項~

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会からお選びください。(複数選択可)
内容:上記の志望校別学習プランと現在の学力等に応じて指導していく「レベル別単元学習」と、長野県の公立高校入試の出題傾向に沿った指導を行う「過去問特訓」にて対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は長野県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

ごあいさつ

オンライン個別指導個別教師Campの都立高対策責任者

中部地方担当責任者

大野景介

慶應義塾大学法学部卒業

お子様にとって最適な入試対策を提供します。

長野県公立高校入試の出題傾向の分析結果をふまえて、得点力アップのコツを伝授いたします。

長野県公立高校の入試対策は、個別教師Campにお任せください。

オンライン個別指導の個別教師Campの長野県の公立高校受験対策を受講したい中3生は「今すぐ入会する」から『個別指導コース』をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。
長野県の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)