大阪府の公立高校入試対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 大阪府の公立高校入試対策

大阪府公立高校入試対策では、

大阪府公立高校の過去問解説、出題傾向を踏まえた実戦演習を行います。

大阪府公立高校に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの大阪府公立高校入試対策

入試日程

例年では、特別選抜が2月中旬に行われ、1~2週間ほどで合格者発表となります。その後3月上旬に一般選抜が行われます。選抜回数については、特別選抜は実技検査を行う学科に限られるため、実質受験出来るのは1回です。ただし、受験する高校の別の学科を志望する場合は、複数志望して受験に臨むことが可能です。この選抜において、志願者数が募集定員に達しない、いわゆる「定員割れ」があった学科などでは、二次選抜が行われる場合があります。

入試内容

大阪府の公立高校の入試には、「一般入学者選抜」(以下、一般選抜)「特別入学者選抜」(以下、特別選抜)があります。

一般選抜では、まず国語・数学・英語の3教科は、各高校がそれぞれ難易度の異なるA・B・Cと呼ばれる3種類の問題形式から選択します。残りの社会・理科を加えた5科目を試験教科としています。1科目90点満点×5教科の450点満点を、高校ごとに設定している満点に換算します。また、内申点は中1から中3までの成績から算出され、9教科の5段階評定の内訳として中1と中2は2倍に、中3は6倍して点数化します。この学力検査点と内申点の比重は「3:7」、「4:6」、「5:5」、「6:4」、「7:3」などから各高校で定めた比率を用いて総合点を出します。平成28年度の入試から内申点が絶対評価となり、上位の高校を目指す場合は内申点で差がつきにくいため、より入試での得点を重視される形になっています。上述した筆記試験と内申の評定でほぼ得点が決まりますが、残りは自己申告書を参考にして判断しますので、筆記試験だけでなくこの自己申告書も学校の先生などに繰り返し見てもらうようにしておくことが大切です。

 一方、特別選抜でも一般選抜と同様に5教科の入試を行います。ただし、特別選抜の国語・数学・英語の難易度はA・Bの2段階に分けられ、C問題の出題はされません。1科目45点満点×5教科の225点満点を高校が設定する満点に換算します。また、内申点においても違いがあり、中1から中3の12月までの成績から算出され、9教科5段階評定も中1と中2は等倍で、中3は3倍した点数の合計が内申点になります。この内申においては3年の2学期までの成績が反映されますので、早めの対策が求められます。この内申点と学力検査点の比重は一般選抜と同様です。大きな違いは特別選抜の多くの学校で、実技試験が実施されます。コースによって内容や配点の基準も大きく異なり、かつ特別選抜は一般選抜よりも早く試験が実施されますが、特別選抜に合格した後は一般選抜を受験することが出来ませんので、十分相談してから決めるようにしましょう。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

コロナ対策に伴う休校に配慮し、出題範囲の縮小はありましたが、出題内容の大きな変更はありません。昨年の平均点はA・B・Cいずれも6割前後と5教科の中でも平均点が高い科目です。漢字は普段学校で習ってきたことをしっかり身につけられるよう、継続的に勉強していきましょう。随筆や論説文が出題される現代文の読解問題は、説明的文章・文学的文章のどちらが出題されても問題がないようすること、また記述問題の配点が大きいため、字数制限内でまとめる練習をしておきましょう。古文は、基本文法の理解や前後の文を意識して読解する練習をしておくこと。作文においては、本番を想定して時間を測って書き、それを先生などに見てもらうなど練習を積んでおくことが大切です。

数学

過去の出題範囲からA・B・C問わず、大問1では基礎的な計算能力が求められます。学校の授業や教材をしっかりと理解し、小問群では出来るだけ短い時間で解けるようにし、かつ確実に得点出来るよう勉強していきましょう。また、図形や関数・グラフの融合問題、図形の計量問題も得点源として確保しておくために、教科書の章末問題や市販の問題集で応用レベルまで確認しておきましょう。中でも空間図形は難易度の高い問題にも対応できるようにしておくと差をつけられるのでおさえておきたい。証明や求める過程を記述する問題が出題されるため、思考力を問う問題にも慣れておくことが重要です。

英語

出題傾向に大幅な変更点はないが、語彙・文法知識・内容に関わる問題が出題されるなど、どのような形式の問題が出題されても解けるだけの実力をつけておく必要がある。リスニング問題は事前にCDなどで英語に触れる機会をつくり、耳を慣らしておくと良い。また長文読解問題では、A問題であれば比較的簡単な長文を読み。おおまかに意味をつかみ取る練習をしておくとよい。B・C問題は文章量が多く、語彙力を求められる。また、素早く読めるようにする必要があるため、英文構造の理解に努めておこう。英作文については英問英答の記述式になるため、特に語彙・文法知識・文構造の知識が求められるため、学校の先生など添削を繰り返し行ってもらいながら実力をつけていきましょう。

理科

基礎的な知識を問う問題や実験・観察結果を考察する問題などが出題されているが、応用的な知識理解を求める問題はほぼ出ないため、基礎的な知識を複合した問題に対応できるように様々なパターンの問題に対応できるように練習しておくことが必要である。教科書や参考書を使用し、頻出される重要語句や基礎知識を整理しておきましょう。その言葉がどのような意味なのか、簡潔に説明出来るような練習をしておくと良い。基礎知識が身についたら過去問を解きながら実践的な演習を行いましょう。理科は暗記することが多い科目だけに、原理原則から確実に覚えておくことで複合的な問題にも太刀打ちできるようになる。理解することを意識しながら勉強を進めていきましょう。

社会

出題される問題として基礎事項の確認問題のほか、資料の読み取り、文章の記述を求める問題が出題され、思考力や表現力が問われる問題となっている。地理的分野では教科書内容を十分に理解しておくことが必要。地図や資料などを参照して読み解けるよう練習しておこう。歴史的分野では、年表や史料を参照し、教科書にある用語や人名を覚えておき、意味内容と人物の詳細、同時代の世界の動きと日本との関係を整理しておこう。公民的分野においては憲法・政治の仕組み、財政・経済一般の基礎事項を整理しておくだけでなく、新聞やテレビのニュースでも、公民に関する話題はおさえておきましょう。

個別教師Campの大阪府公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:志望校の難易度に合わせた「レベル別単元学習」、公立高校の出題傾向に沿った対策ができる「過去問特訓」、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」で対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は大阪府公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

オンライン個別指導の個別教師Campの
大阪府の公立高校受験対策を受講したい中3生は
「今すぐ入会する」から「個別指導コース」をお申込み下さい。
大阪府の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)