静岡県の公立高校受験対策

個別教師Campイメージ
個別教師Camp 静岡県の公立高校受験対策

静岡県公立高校入試に絞った内容で、合格を勝ち取ります。

目次

1.入試日程

2.入試内容

3.一般入試の傾向と対策

4.個別教師Campの静岡県公立高校入試対策

入試日程

例年では、2月中旬から下旬の決められた日程までが出願受付日、2月下旬ごろの指定された日で出願変更の受付が可能となり、3月上旬の2日間で一般選抜が行われます。合格発表は検査日から約1週間後で行われます。原則としてこの一般選抜では学校裁量枠と共通枠を別々に志願することはなく、1校1学科(科)の受験が認められています。例外として出願した学校の複数学科ある学校を第一志望とした場合、同系列で同じ系列の学科に限り、第二志望の学科を志望することが可能です。

入試内容

静岡県の公立高校の入試には、1回の選抜で合格者の決定を決める「一般選抜」と特定の学校で実施される「特別選抜」があります。また、一般選抜では各学校が独自に定める「学校裁量枠」と、全県共通の選抜方法により実施される「共通枠」という2つの選抜枠を設けられていますが、別々に志願することはなく両方をあわせた一般選抜にて1校1学科で志願する形になります。学校裁量枠は原則募集定員の50%以下の人数で学校・学科別に設定され、最初は学校裁量枠での選抜を行い、続いて共通枠での選抜が行われます。

学校裁量枠では調査書(内申点)・学力検査・面接の3つの選抜資料の他、必要によって学校独自の実技試験などを加えることがあります。この学校裁量枠では、枠の設定が無い学校や、1つの学校で複数の枠を設定している学校、2つの科を併願できる枠を設定している学校があるので、よく確認しておきましょう。

また、共通枠においては学校裁量枠と同様に調査書(内申)・学力検査・面接の3つの選抜資料を基に3段階の選抜手順により合格者が決定します。第一段階では調査書の9教科評定の上位から共通枠定員までの受験者を対象とし、その中から学力検査の5教科の合計点上位から共通枠定員の75%程度までの受験者を合格者としています。第2段階では第1段階で合格した受験者を除き、調査書の学習の記録以外の記載事項と面接の結果によって、共通枠定員の10%程度の受験者が合格となります。第3段階では第1.2段階で合格した受験者を除いて、調査書の記載事項と学力検査、及び面接の結果を総合的に判定し、共通枠定員の15%程度が合格となります。

学力検査では国語・数学・英語・理科・社会の5教科で、入試の当日点は1科目50点満点×5教科の250点満点となります。また、内申点は中学3年2学期(後期)の9教科の5段階評定で評価され、合計は45点満点になっています。中1・中2の内申点は評価対象ではないですが、急に成績が上がるわけではないため、早いうちから高い内申を維持しておけるよう、テスト対策は入念にしておきましょう。

一般入試の傾向と対策

ここからは一般入試の各科目の傾向と対策についてお伝えします。

国語

昨年度は、小説、論説文、発表原稿、古文、課題作文の大問5題が出題されています。基礎的な要素は変わらず、形式がかわることが予想されます。特に記述式の問題が多く、表現の力を見られるため、普段から書く練習をしておきたい。現代文では、小説分や随筆文が重要、記述対策として長文内容を要約する練習をしておきましょう。古文は教科書に載っているような基礎的な知識を身につけておき、いろいろなジャンルに対応できるように文章に慣れておくことが必要です。作文は毎年出題されており、資料の読み取りと意見を端的かる的確な言葉で書けるようにしておきましょう。

数学

出題状況は例年と変わらず、大問7題・小問数が20問となっていました。来年度も大きな変化はないですが、出題される範囲は中学数学のほぼ全範囲になっているため、教科書の各単元で分からない単元が無いように、復習を丁寧に行っておきましょう。大問1は基本的な計算問題と式の値・二次方程式の計算問題が定番です。大問2は文字式の証明や比例関数、図形の計算、作図、代表値などの広い範囲から出題されます。大問3以降は方程式、関数、図形、資料の活用からテーマが選択されており、大問として4~5題出題されます。全般的には基礎力を問う問題を中心に広範囲から出題され、作図や計算過程を書く問題も多く出題されることを踏まえると時間配分に中止しておくことが重要です。

英語

試験問題の構成として、放送によるリスニング問題、会話文読解、条件英作文が2題、長文読解の計5題になっています。リスニング・読解のいずれも分量や難易度は特段難解なものは出題されておらず、基礎的な理解力と記述力が求められているため、語句や文法、構文の基礎をしっかりと固めておくことが重要です。高得点を狙うのであれば、英問英答や記述問題が鍵になります。長文内容を把握し、根拠となる英文を抜粋出来るかがポイントです。英作文は自分でテーマを決めて短文を書く練習をしておくことで当日焦らずに試験に臨むことが出来るため、しっかり準備しておきましょう。

理科

出題数としては大問6題となっています。今年度の出題状況として、大問1は第一、第二分野の基礎問題、大問2は生物分野の総合問題、大問3は物理分野の総合問題、大問4は大地の成り立ち、大問5は気象、大問6は科学分野の総合問題が出題されていました。 記述形式の問題が特徴で、来年度も変わらず出題される可能性が高いです。また、論述や計算問題の出題数が多く、時間配分には注意が必要です。その対策として、教科書に載っている実験・観察の図やグラフを理解しておくことが重要です。グラフでは各軸や傾きなどがどのような意味を表しているのか、把握しながら進めていくことが必要です。実験や観察からの考察力が求められ、丸暗記で言葉を覚えていても対応することが出来ません。理解するために意味を確認しながら、標準レベルの問題集やワークを解きつつ、過去問をこなし、総合的な理解力を高めておきましょう。

社会

例年、出題数は大問が4題、小問が39問です。大問の構成として、日本・世界地理が2題、歴史が1題、公民が1題となっており、地歴分野の比重が高い構成になっています。問われる内容は基礎的なものが多く、記述式の問題も多く出されますので、基礎的なことも感じで書けるようにしておくことと、これらの重要な事項について、簡潔に説明できるように練習しておくことが大事です。地理分野では地形図を理解しておくことと統計資料から各地域の特色を読み取れるようにしておきましょう。歴史分野は基本的な事柄を教科書で整理しておき、年表問題も類題を解いて慣れておくことが大切です。公民分野も歴史分野と同様に、基本的な用語をおさえておくことの他、国政上の課題・問題点など現代の問題にも触れておくようにしましょう。

個別教師Campの静岡県公立高校入試対策

◎開始前に個別面談を行い、一人ひとりに合った進め方をご提案します。
◎特待生テストを実施し、基準を満たした方は授業料が最大50%OFFになります。

コース:個別指導コース(教師1:生徒2)
時間:1コマ40分、ご都合の良い日時の授業をご自身でご予約ください。
教科:国語・数学・英語・理科・社会
内容:志望校の難易度に合わせた「レベル別単元学習」、公立高校の出題傾向に沿った対策ができる「過去問特訓」、入試本番レベルの問題演習が行える「入試実戦演習」で対策を行います。

【特待生制度】
本コースでは、特待生制度を実施しております。
対象:中3
内容:ご希望の方は、特待生テストを受験できます。基準を満たした方は静岡県公立高校対策コースでA特待・B特待としてご受講いただけます。
A特待…2023年1月まで授業料が50%OFF
B特待…2023年1月まで授業料が20%OFF
※A特待とB特待で選抜基準が異なります。

オンライン個別指導の個別教師Campの
静岡県の公立高校受験対策を受講したい中3生は
「今すぐ入会する」から『個別指導コース』をお申込み下さい。
簡単登録、すぐに始められます。
静岡県の公立高校受験準備をしたい中1・中2生はこちら

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、個別教師Camp事務局へお気軽にお問い合わせください。

電話番号

0120-251-511

(受付:日曜・祝日をのぞく15:00~21:00)